卒業

私が学生生活を卒業した時はつい最近なのですが、何か不思議な感覚だったような気がします。今までも長い間、誰かに教えてもらって成長してきたわけですが、これから社会人になれば一人前の大人として行動していく事が当たり前ですので凄く慣れない感じがするのです。

大学を卒業すると様々な事が待ち受けていると思うのですが、それも自分の中では楽しみであります。今までに体験した事の無いものを自分の体で体感して、それらを自分の経験として蓄積していく事、これが社会人では繰り返されるような気がするのです。自分が大学を卒業して一人前の大人になった以上、このような事を当たり前に出来るかが少し不安なのです。

私にとって卒業とは、小学生でも中学生でもいつの時代であっても何か寂しいものであります。しかし、その反面次のステップが待っているものなので、新しいスタートでもあるような気がするのです。

 

 

勉強漬け

私は先日、とある試験を受けるために毎日必死になって勉強をしていました。その時はその
試験に向かってただがむしゃらに勉強していたのですが、今考えてみればよくあれだけの時間
集中して勉強する事が出来たな、と自分でも関心してしまうくらいなのです。

もともと集中力があまりない私なのですが、何か目標があったり具体的な締め切りや試験がある事に
よって今まで見たことの無い力を発揮するものなのです。だからこそ、それによって自分の限界が更に
広がっている気がするのです。

試験を通じて、私は何かにひたすら頑張る事の大切さを改めて知りました。小学校や中学校で毎日課題が
あったように、自分を追い込む事によって人間は成長していくのではないかと思ったのです。